国政報告

議事録議事録一覧へ

在沖米軍基地周辺の学校への空調維持費補助の廃止、辺野古埋め立て土砂

第190回国会 2016年5月10日 外交防衛委員会

糸数慶子君

無所属の糸数慶子です。よろしくお願いいたします。まず、辺野古埋立土砂についてお伺いをいたします。

辺野古新基地建設においては、二千百万立方メートルの土砂が埋立てに使われることになっています。埋立て用の土砂は、県内外から来る岩ズリが一千六百四十万立方メートル、そして、大部分をこれが占めておりますけれども、ほかには、辺野古ダム周辺、キャンプ・シュワブ陸上部の山土が四百万立方メートル、そして沖縄島周辺で採取した海砂が六十万立方メートルと言われています。ところが、防衛局が提出した埋立承認願書によりますと、埋立土砂には、岩ズリ、山土、海砂だけではなくて、ダム堆積土砂やしゅんせつ土を含む建設残土、リサイクル材など、これを優先して使用することとしますと、これは埋立承認願書二の二十九に記されています。

これについて具体的に伺います。まず、政府は、埋立承認願書に示しているダム堆積土砂やしゅんせつ土を含む建設残土、リサイクル材などを埋め立てて土砂として優先使用する方針を現在も変えていないかどうか伺います。

国務大臣(中谷元君)

変更はありません。埋立てに用いる土砂の約二千百万立方メートルのうち、キャンプ・シュワブの中から採取等を予定する分を除いた約千七百万立方メートル程度につきましては、砕石生産に伴い生ずる岩ズリ、ダム堆積土砂、ダムの堆積の土砂、またしゅんせつ土、海から取る土ですね、それを含む建設残土、そしてリサイクル材、これを優先して使用することといたしておりますが、現時点で岩ズリでその大部分を補うということを想定いたしておりまして、この方針は埋立承認願書に記載したとおりでありまして、変更はございません。

糸数慶子君

ダム堆積土砂、それからしゅんせつ土を含む建設残土、それからリサイクル材などと、それぞれ具体的にはどのようなものを指しているのでしょうか。優先的に使用するとあえておっしゃっているわけですから、何を使うのか、またどの程度の量なのか、改めてお示しください。

国務大臣(中谷元君)

この代替施設を建設する事業の実施に当たりましては、まず海底を掘ることによって生ずるしゅんせつ土、そして建物を解体することによって生ずるコンクリート塊等の瓦れき類など、工事に伴う副産物が発生することから、環境影響評価の中で、これらの廃棄物について、県内の処理施設の能力、実績、リサイクルの状況等について調査を行うとともに、代替施設建設事業の中で利用の可能性について検討を行いました。

本事業への利用につきましては、具体的に、しゅんせつ土などの土砂については基本的に埋立てに利用することといたしておりまして、コンクリート塊またアスファルト等の瓦れき類は、事業の中でコンクリート破砕機を設置して処理をして利用するほか、県内の処理業者そして処理施設によりましてリサイクルをされることを想をしてきたところであります。これ以上の詳細につきましては、工事を伴う発生状況を踏まえながら適切に対応していきたいと考えております。

糸数慶子君

今懸念されていますのが、この米軍兵舎の解体で発生したコンクリート殻の埋立材としての利用です。先ほどもありましたけれども、二〇一四年七月からこのキャンプ・シュワブ内では新基地建設に向けて米軍兵舎の解体が行われています。新基地建設のために解体が必要となる兵舎の数は何棟でしょうか。また、それにより発生するコンクリート殻の量、どのくらいか、お答えください。

国務大臣(中谷元君)

埋立承認の願書におきまして、兵舎等の解体数を約百棟と計画をした上で、コンクリート塊等の瓦れき類の発生量はこの計画の上で五万二千立方メートルと記載をしているところでございます。

糸数慶子君

二〇一五年五月十五日に沖縄防衛局が県に出した回答によりますと、解体工事に伴い発生したコンクリート塊については、再生路盤材等として陸上の仮設作業ヤードや仮設道路、建物周りの道路、駐車場、さらには飛行場関連施設等への活用を考えていますというふうにおっしゃっていますが、これに間違いありませんか。

国務大臣(中谷元君)

ちょうど去年の今頃でありますが、平成二十七年の五月八日、沖縄県から沖縄防衛局、これに対して、キャンプ・シュワブの陸上部分での建物の解体工事に伴うコンクリート殻の使用方法に関する質問がございました。これに対して、平成二十七年五月十五日、沖縄防衛局から、御指摘のとおり、解体工事に伴い発生したコンクリート塊につきましては、再生路盤材等として陸上の仮設作業ヤード、また仮設道路、建物周りの道路、駐車場、飛行場関連施設等への活用を考えている旨の回答がなされた旨承知をいたしております。

糸数慶子君

今答弁がございましたこの再生路盤材を敷く部分ですが、この大きさはどの程度で しょうか。

国務大臣(中谷元君)

沖縄防衛局において発注した陸上仮設ヤード整備工事におきましては、この工事の中で発生するコンクリート殻を再生利用した砕石を陸上仮設ヤードに敷く工事が含まれておりまして、使用するコンクリート殻の量は約八百立方メートルでございます。

糸数慶子君

このコンクリート殻が仮設道路にも使用するというふうにあるわけですが、工事用仮設道路はこれ海上に設置されることになるので、結局は、この仮設道路にコンクリート殻を使うということは海にコンクリート殻を投下することと同じではないでしょうか。

国務大臣(中谷元君)

解体工事に伴って発生したコンクリート塊、これは本事業内で再利用するということとしておりまして、先ほど申し上げましたけれども、再生路盤材等として陸上の仮設作業ヤードのほか、仮設道路、建物の周りの道路、駐車場、また飛行場関連施設等への活用、これを考えているわけでございます。

糸数慶子君

改めてお伺いいたしますけれども、この仮設道路、これは、工事用の仮設道路は海上に設置されることになるのではないですか。

国務大臣(中谷元君)

御指摘のコンクリート殻につきましては、再生路盤材等として仮設道路等への活用をすることを考えております。なお、御懸念をされておられるかもしれませんが、この答弁書におきましては、このコンクリート殻について、再生路盤材として利用する計画としておりまして、お尋ねのありましたように石材として海に投入をしたり、埋立材料として使用をしたりする予定はないという回答をさせていただいております。

糸数慶子君

今の答弁では、海にコンクリート殻を投下するということではないということでよ ろしいですね。

国務大臣(中谷元君)

答弁書でお答えをしたとおり、石材として海に投入したり、埋立材料として使用したりする予定はございません。

糸数慶子君

このコンクリートというのは強度のアルカリ性が含まれているわけでして、海に投下すると生態系に大きな影響を与えることになるということで、私たちは大変大きな問題だと考えております。

しかし、今の答弁から伺いましたら、それはないということでいただきましたので、これから県外から運ばれてくる土砂については、私たちは、大浦湾の生態系の破壊とともに、採取される土砂の環境破壊の問題もあるわけでして、そういう面から考えましても、政府にいたしましては、やはりこの辺野古新基地建設、これは沖縄の環境を破壊するだけではなくて、それこそ奄美地方、それから岡山、さらには和歌山、環四国地域の多くの運動をしていらっしゃる皆さんに関しても、そこから土砂を運んでくるのではないかというふうに懸念をしております。それは全くないというふうに考えてもよろしいのでしょうか。

政府参考人(山本達夫君)

お答え申し上げます。埋立てに伴う外来種対策につきましては、環境監視委員会の専門家の先生方の指導、助言を得ながら、使用する埋立土砂が事業区域及びその周辺の生態系に影響を及ぼすものでないことを確認するなど、事業者としての責任において沖縄防衛局が適切に対応することとしております。

糸数慶子君

今、いろいろアドバイスをいただいて生態系の破壊がないようにというふうにおっしゃっていらっしゃいますけれども、やはり違う土地から土を運び、そして岩を運んできて大浦湾に投入をする、そういう投入ができなければここの埋立てはできないというのが現在防衛局を含め、防衛省を含め、それこそこれまでの流れの中での大きな私たちの受け止め方につながっています。

まさに今答弁がありましたように、環境破壊が全くないというふうには私は受け止められません。そういう観点から考えましたら、沖縄だけではなくて近隣の各県から持ってくる土砂、そして先ほど申し上げました岩石などを含めて、やはり政府に対しては、この辺野古新基地建設の撤回をしていただいて、沖縄のすばらしい大浦湾の海、それをしっかり守っていただくことを要望いたしまして、質問を終わりたいと思います。以上です。